指輪を購入するときに知っておきたいこと

指輪を贈る時期は婚約指輪と結婚指輪では異なります。婚約指輪はプロポーズに男性から贈るときと、結納の席や両家の顔合わせの前に贈る場合とがあります。結婚指輪は式の半年前には用意しておきましょう。サイズの調整が必要な場合を想定して早めに購入すると慌てずに式を迎えられます。贈る時期は把握したました、ではサイズはどうでしょうか。指輪にはサイズが存在しますね。サイズを事前に知られる方法をいくつかご紹介します。

一つ、婚約指輪を贈る前にほかの指輪を彼女に選んでもらいプレゼントする。すると自然とサイズが知れます。二つ目、彼女が薬指に嵌める指輪を所持する場合はこっそりと指輪の内径を測ります。リングサイズと照らし合わせ購入ができます。三つ、さりげなく指輪の話題を振り、聞き出す方法。彼女が結婚を意識しているなら、サイズを教えてくれるはずです。プロポーズがやってくると、期待も持たせてあげられます。四、彼女の友人に訊くこと。知らなければその友人から彼女のサイズを聞き出してもらうよう頼みます。プロポーズで驚かせたいなら、この方法が一番です。結婚指輪の場合は、これらの苦労は必要ありませんね。一緒に買いに行けばよいでしょう。一生指に嵌めるものですから、相手の好みを尊重し購入を決めます。最後に二つの指輪で購入の際に気を付けておくポイントが一つ。必ずサイズの直しが可能なお店で購入を決めること。凝ったデザインで一点もの、オーダーメイドは指輪の形状から指に合わない場合が考えられます。結納や式の数か月前にはサイズの微調整を終えておくことです、式が迫れば時間に追われるのは必至ですから。ゆとりを持った購入を心がけましょう。